(注意!)本拡張を利用する際には、ダウンロードする動画の著作権の有無について十分に留意して下さい。また、日本国内では著作権者の許可なくアップロードされた動画について、それを知りながらダウンロードすることは法律で禁じられています。
(おしらせ)Google Chrome 85へのアップデートにより、古いバージョンのストリームレコーダーは動作しなくなりました。かならず最新の拡張をインストールしてご利用下さい。このアップデートによる影響が大きいため、近々パフォーマンスを改善する修正を行う予定でおります。ご不便をおかけいたしますが、いましばらくお待ち下さい。また、現在のバージョンは暗号化されたHLSの保存に対応しておりません。そのため一部のサイトではHLSのダウンロードが拒否されます。拡張機能のあたらしい動作環境(Chrome Manifest v3)についてなど、今後のアップデート情報については、この欄で随時お知らせいたします。
広告
つかいかた
動作モードは大きく2種類あります。通常モードキャプチャモードです。
一般的なHLSストリーミング( Http Live Streaming ) については、動画インデックスが検知できた場合にダウンロードが可能です。その場合、アクションボタンがアクティブになりますので、クリックしてダウンロードしてください。動画インデックスが検知できない場合でも、HLSストリーミングであればビデオキャプチャ機能を利用することで動画を保存できます。動画サイト上でアクションボタンを押すか、このダウンロード画面の右上の「キャプチャモード」ボタンをクリックしてください。

LIVE通常モード ( ライブ )
     元動画サイトのタブは閉じても問題ありません。ライブストリーミングは、ダウンロード状況によっては映像が途切れる可能性があります。ブラウザのリロードボタンを押すと、それまでのデータは破棄され、あたらしく録画が開始されます。

HLS通常モード ( アーカイブ )
     元動画サイトのタブは閉じても問題ありません。一部の動画については、高速ダウンロードが利用できます。ブラウザのリロードボタンを押すことで、ダウンロードを最初からやりなおすことができます。

RECキャプチャモード
     このモードは、動画サイト上で再生した動画がそのまま録画されます。元動画サイトのタブを閉じると録画も終了しますのでご注意ください。サイトによっては、キャプチャできないタイプのストリームもあるため、まずはアクションボタンを押してみて、録画可能なサイトかどうかを試して下さい。
     *注意*
     録画中にサーバーから明確な動画の区切りの通知を受け取った場合、動画は分割され、新しい録画が始まります。この区切りは、お使いの回線が不安定な場合や、ブラウザタブが非アクティブの場合、あるいはライブ配信者の回線の状況が悪い場合等に生じる可能性があります。また、音声や動画が明らかに途切れた場合にも動画の区切りとみなす場合があります。もし動画が多数に分割される場合、それは動画サイト側の挙動が素直に反映された結果とお考えください。この仕様は見直す可能性がありますが、もう少しユーザー数が増えたら考えます。

そもそも動画がストリーミングではない(単一の動画ファイルとして)配信されている場合もあります。その場合は動画ゲッターをご利用ください。
特徴・仕様
音声・動画データは、そのまま(無劣化で)mp4へと変換されます。これらの変換はすべてローカルで行われ、サーバーを利用しません。
空きメモリが十分にある場合に限り、優先的にメモリをキャッシュとして利用します。これはChrome側の仕様になります。(最大で2GB)
本ツールは、あくまで一般的かつ公知な方法での動画データの取得・保存を目的としています。
特定のサイトに対して個別に対応する(もしくは特別な処理を行う)ことは致しません。
対応していない動画
Flashによるストリーミング(RTMP等)については対応していません。(今後も対応の予定はありません)
DRMによって保護された動画についても対応しません。
WebRTCを介した動画については必要性があれば対応します。Media Source Extensions + WebMというケースについても同様です。
なお、長さが13時間15分を超える動画については、現状対応しておりません。必要であれば動画を分割してダウンロードしてください。
高速ダウンロードについて
HLSのアーカイブ動画のダウンロードについては、処理を並列化することで高速なダウンロードが可能です。
しかしながら、状況によっては、この機能によりダウンロード速度が低下するケースもあります。
下記の点について十分注意したうえで、サーバーへの過剰な負荷をかけないように、あくまで必要の範囲内でのご利用を心がけてください。

かえって低速になるケース
     ・この機能を利用するまでもなくダウンロードが十分に高速な場合
     ・お使いの回線が遅い場合
     ・お使いのCPUが低速の場合
     ・サーバーが帯域を制限している、もしくは並列DLを認めていない場合
     ・同じサーバーに対して接続数の上限数6を超えて接続している場合

現状では並列数を3に制限しています。
これはブラウザが許している同時アクセス数の半分であり、一般的に許容できるレベルであると判断しています。
TIPS
各自の責任によってご利用ください。

設定をクリアしたい
     設定はすべて、このページ(ドメイン)のローカルストレージに保存されています。
     デベロッパーコンソール上で、localStorage.clear() を実行することで、設定をクリアできます。

アーカイブ動画を途中からダウンロードしたい
     このページのURLのパラメータとして、start , stop を付与することができます。
     長時間の動画を分割してダウンロードする場合にご利用ください。
     なお、このパラメータは動画と音声が同じtsファイルに保存されている動画でのみ有効となります。
          (例).../rec.html?start=30

高速ダウンロードの並列数を指定したい
     デフォルトの並列数は3ですが、デベロッパーコンソール上で、1〜6までの数を指定することができます。
          (例)localStorage.parallel = 3
トラブルシュート
基本的にはエラーが起きた場合は、時間をおいて(できればブラウザのキャッシュをクリアしてから)再試行してください。
もし、何度繰り返しても同じエラーが出る場合は、以下の項目を参照してください。

ライブ動画の録画で、Error: suitable demuxer not foundと表示される
     起点となる動画のロードに失敗しています。
     その場合、10秒ほど待ってからこのページ自体をリロードすると回復できる場合があります。

シークレットモードで動作しない
     Chrome85の仕様変更に伴い、現在シークレットモードでは利用ができません。
     これについては次期バージョンで修正される予定です。

403
     サーバーからアクセスが拒否されたことによるエラーになります。
     具体的には以下のケースが考えられます。
          - ファイルへのアクセスに対して厳密なチェックを行っている場合(タイミング等)
          - 元のタブで動画を再生している場合に、こちらのタブでのアクセスを認めない場合
          - そのサイト独自の方法や手続きでのアクセスを求められている場合
     基本的には対処が難しいケースが多いのですが、想定していないケースもあり得るので念のため下記フォームよりご連絡ください。

404
     対象となるファイルが存在しないエラーです。
     ダウンロード途中で、必ず同じ箇所でエラーになる場合は、サーバー側の問題の可能性があります。

408
     タイムアウトによるエラーになります。
     ご自身の回線状況を見直した上で、時間帯を変えてリトライする等の工夫をしてください。

Failed to fetch
     そもそもサーバーに接続することができないことによるエラーになります。
     具体的には以下のケースが考えられます。
          - ネットワークが不安定
          - 相手サーバーが落ちている
          - 広告ブロッカー等によりブロックされている(ダウンロード途中で、必ず同じ箇所でエラーになる場合はこの可能性があります)

ライブ動画の録画が途中で止まる
     特定のサイトで「元の動画タブを開きつづけておかないとダウンロードに失敗する」ケースが報告されています。
     また、インデックスファイルのURLがライブ途中で変更されるケースもあるようです。(このケースについては近日中に対応します)
更新履歴
version 1.2.0
    HLS-Encryptionが無効化されたバージョンです
version 1.1.3
    Chrome72での拡張機能の仕様変更に対応しました
version 1.1.2
    UIの英語表記を修正しました
    軽微な不具合に対処しました
version 1.1.0
    キャプチャモードでの動作を大幅に見直しました(音ズレ問題もかなり改善しています)
    小さなバグを修正しました
version 1.0.0
    より多くのサイトで利用可能になりました
    キャプチャモードにおける問題に対処しました
    いくつかのバグや不具合を修正しました
version 0.9.9
    高速ダウンロード機能が利用可能になりました
    エラー時に、その箇所から再開(リトライ)することができるようになりました
    ファイル取得時のエラーを減らすようないくつかの対処を行いました
version 0.9.8
    UIに元動画のタイトル及びURLへのリンクが追加されました
    動画サイトがhttp接続の場合に起きる問題に対処しました
version 0.9.7
    ファイル取得時のエラーを減らすようないくつかの対処を行いました
    元タブを閉じてもリロードができるようになりました
version 0.9.6
    ファイルサイズが4GBytesを超える動画についても保存が可能になりました
version 0.9.4
    一部の動画プレイヤーにおける再生時の問題に対処しました
version 0.9.2
    動画終盤で音声が途切れてしまう場合がある問題について対処しました
    埋め込み動画について適切なリファラが設定されない問題に対処しました
お問い合わせ
ご意見や報告等はメールでお知らせください。
loadmonkey.inquiry at gmail.com
お返事は確約できませんが必ず読みます。

現在、HLS-Encryptionに関する諸機能は無効になっています。
この機能の是非についてが明確になるまでのしばらくのあいだご不便をおかけいたします。
Stream Recorder / Twitter